SCOTTがサポートするŠárka Strachováは土曜日にアメリカのビーバークリークで開催されたWCSスラロームにおいて3位でゴールした。
彼女にとって世界選手権で4つ目のメダルを獲得、トップチェコスキーヤーとなった。
Strachováは2005年にもスラロームで銅メダル、2007年と2009年には世界選手権で銀メダルを手にした。
第一滑走で彼女は1位と0.44秒差で3位につけ、第二滑走も確実で速い滑りを見せるとトップに躍り出る、両手を宙に突き上げ喜びの声を上げながらゴールし、彼女は表彰台入りを確実にした。
しかしスウェーデンのFrida Hansdotterが第二滑走で決め、Sarkaより0.39秒早くゴールラインを通過した。
今大会の女王は最速タイムでゴールしたアメリカのMichaela Schriffinが金メダルを獲得した。
『第一滑走より調子は良くなかったけど、速いタイムを出せたと思うわ』とStrachováはゴールでのインタビューに答えた。
『第二滑走は持ってる全てを出し切ったけど、充分じゃなかったみたい。でもチェコにまたメダルを持って帰れて誇りに思うわ。』
日曜日、彼女たちはそのままスロベニアのマリボルへと向かい、週末に開催される次のワールドカップに参戦する予定だ。