5つあるフリーライドワールドツアー(FWT)大会の内3つが終了し、素晴らしい成績を残したSCOTTの選手達は次の大会の為アラスカのヘインズへと向かう。
中止となったFieberbrunn Kitzbüheler-Alpen大会の代わりに18日Vallnord-Arcalisで無事開催されました。
Baser Negre faceは15‐20㎝の新雪がつもり選手たちはいい手応えを感じたが、中にはバランスとテクニカル面で苦戦した選手もいた。
そしてヘインズで開催される4つ目の大会に行けるのはトップ16の男子スキーヤー、トップ7の女子スキーヤー、トップ8の男子スノーボーダー、そしてトップ5の女子スノーボーダーのみと明らかになった。
クリエイティブで確かな滑りにより、SCOTTの選手であるJackie Paaso、Lorraine Huber、Juan Bergada、Jeremie Heitz、Loic Collomb-Patton、Stefan HäuslとKevin Guriの全員が3月14日にアラスカのヘインズで開催されるFWT第4戦に参戦することとなった。