開催日時 2016年12月4日(日)

開催場所 オーストラリア西オーストラリア州バッセルトン

距離 SWIM3.8km/BIKE 180.2km/RUN 42.2km

今シーズン最終戦はアイアンマン西オーストラリア大会に出場してきました。

成田空港からブリスベン→ブリスベン→パース、パースから車で3時間南下してバッセルトンまで移動。

まるまる1日がかりの移動は長かったですが、久しぶりのオーストラリア、5年振りにバッセルトンに戻ってこれたことが嬉しかったです。



大会4日前に現地入りできたので、コースの下見も全てチェックでき、ゆとりを持ってレース当日を迎えることができました。

そしてレース当日。



バッセルトンの朝は夏の始まりだというのに肌寒く、この日の外気温は10度とじっとしていると寒いくらいでした。

プロ男子は6時45分、女子は5分後の6時50分にスタートしました。



コースはバッセルトンの名所である「バッセルトン桟橋」を行って回って帰ってくるユニークなコースでした。

事前に地元の選手から、沖に向かうと波が荒れ出して泳ぎずらくなるという情報を聞いていました。

スタートしてしばらくは波がなく泳ぎやすかったのですが

その情報通りだんだんと波が出てきてヘッドアップしてもブイ(目標物)が見えず

桟橋を折り返してからスイムフィニッシュまでずっとその状況は変わらず

海水も沢山飲んでしまいました。スイムタイムも思っていたよりも悪く

かなり苦戦してしまいました。



バイクパートは90キロを2周

ほぼ平坦で条件が良ければ好タイムが期待できるコースでした。

とにかくスイムで苦戦してしまったので

バイクで取り戻すべく最初から飛ばしていきました。

40キロ地点の通過タイムは1時間2分。

オーバーペースではないかと思うくらい速かったのですが

身体も気持ちも余裕があったので

そのままのペースで行くことにしました。

今回はバイクタイム5時間を切ることを目標にしていたので

このままのペースで走りきれば好タイムが期待できたのですが

70キロくらいから少しづつ疲労を感じ始めてきました。

それまで全く気になっていなかった風と路面にも苦戦し始め

ここで無理したら完全に潰れてしまう予感がしたので

後のことを考えてペースを落として回復を待つことにしました。

1周を走り終えて90キロ地点の通過タイムが2時間29分。

この状態からどう考えても5時間を切ることは厳しいと感じたので

時間は追い求めずに無難に走り切る作戦に切り替えました。

120キロくらいから徐々に身体が回復してきたので後半はペースを取り戻すことができ

終盤は途中で抜かれた選手達を再び抜き返すことができました。



ランコースは10キロを4周回、バイク同様平坦のコースでした。

どこを走っても応援が途切れることなく

レースナンバーにも名前が入っていたので「EMI EMI!!」と沢山応援してもらえました。

15キロくらいまでは練習でやってきた通りのペースで走れていたのですが

補給が取れなくなってきてしまい、無理やり食べてみるも嘔吐。

気持ち悪くなってしまうので、水分補給だけにして補給はゼロで走りました。

当然エネルギーが沸かなくなりペースも落ちる悪循環の走りとなってしまいました。

それでも2人を抜いて8位に順位を上げましたが

残り2キロで1人に抜かされ9位でフィニッシュしました。

どの種目ともこれが良かった!というレースができず

悔いが残る最終戦となってしまいました。

今回は世界チャンピオンを始め

アイアンマンワールドチャンピオンシップでトップ10入りしている選手達も出場していたので

自分の力を試す良いチャンスでしたが

結果は全く歯が立たずに終わりました。

トップ3の選手が総合タイムで9時間を切っている信じられないレベルです。

ここ数年はアジアをメインにレースに参戦していたのですが

アジアでは通用しても世界レベルになると全く戦えないレベルでした。

少しは通用すると思っていたバイクでさえも大きく差を広げられてしまいました。

これから先世界と戦うにはどうしたら良いのかを考えてしまいます。

しかし、ここで諦めてしまうのだけは絶対に悔いが残るので

諦めず自分の可能性を信じて、世界との差を詰めていくことを目標にこれからも活動してまいります。

今大会をもって今シーズンの全てのレースが終了いたしました。

まずは一年間戦ってくれた身体と心を一旦リセットして疲れを取り

また来シーズンに向けてオフトレーニングを行っていきたいと思います。

一年間応援をありがとうございました!

株式会社ライムメンバーズ 酒井絵美