5/11、Giro d'Italiaの第6ステージが行われました。

この日から、いよいよイタリア本土に渡り、ミラノを目指す旅が始まります。
217kmのコースは序盤に山岳は有るものの、アップダウンの後に若干の上りゴールという印象のコースマップでしたが、「登れるスプリンター」がこなせるようなコースではなく、総合成績の有力勢がエースを務める、ジロらしいトリッキーなコースというのが選手たちの共通した認識。


レースは序盤に5名の逃げが決まり、その中に総合成績上位者が居なかったため、その内の残った4名が最後の上りまでリード、そのまま4人が4位までを占める結果になりました。

ORICA SCOTTチームではアダム・イェーツ Adam Yates 選手が6位、集団の2位でゴールしました。
その結果、変わらず総合3位をキープしています。ヤングライダー賞では2位になり、1位のBob Jungels 選手が総合でも1位の為、繰り上がりでマリアビアンカを着用しています。


この後のコース設定は第7ステージ、第8ステージがスプリンター向けの平坦基調、第9ステージが1級山岳の登りゴールで、翌日は休息日です。この日は前半のハイライトになりそうです。

これからもORICA SCOTTチームの活躍から目が離せません。




Giro d'Italia - Stage 6 Results:
1. Silvan Dillier (BMC Racing Team) 4:58:01
2. Jasper Stuyven (Trek - Segafredo) ST
3. Lukas Postlberger (Bora - Hansgrohe +0:12

Giro d'Italia - General Classification after stage 6:
1. Bob Jungels (Quickstep Floors) 28:20:47
2. Geraint Thomas (Team Sky) +0:06
3. Adam Yates (ORICA-SCOTT) +0:10

Photos By ORICA SCOTT HP