UCIのWorrd Cup XCO第4戦がスイスのLenzerheideで行われ、先週のAndorraに続き、SCOTT SRAM MTB Racing Teamのニノ・シューター選手が勝利しました。

レースの模様は大会公式スポンサーのredbull.tvにて視聴できます。

これでシーズン4連勝、
全6戦のうち4戦を勝利したことで、残る2戦のうち、どちらかで23位以上でゴールするとWorrd Cupの年間優勝も確定します。
今回の開催地、Lenzerheideでは来年のMTB世界選手権も行われる予定です。


現地では前日から雨が降り、コースのコンディションが良くない為、レースの周回数が、8周回から、7周回に減らされました。
テクニカルな下りとシングルトラックに多くの選手が苦しめられる中、ニノ・シューター選手は中盤に首位に立ち、後続の追い上げを振り切り勝利しました。

レース後のインタビューには
「今日はUCIがレースを7周に短縮したことはラッキーだった。 レース終盤にJaroslav Kulhavy選手が強くなったようだ。」と答えています。
決勝レースを3秒のリードでゴールし、オリンピックチャンピオンの彼は2連勝を飾りました。