Tour de Franceが終わり、Vuelta a Españaの開幕を待つロードレースシーンですが、その前哨戦はすでに始まっています。
Tour of Polandもそんなレースの一つで、多くの有名選手が出場しています。



そんなレースの第4ステージ、238kmの平坦ステージで、ORICA SCOTTチームのCaleb Ewan カレイブ・ユアン選手がスプリントで勝利しました。
6名の選手が逃げていた展開から、集団による吸収を経て、スプリント勝負になったこのステージ、その小柄な体型から「ポケットロケット」と呼ばれるアジア系オーストラリア人のユアン選手は、スロベニアナショナルチャンピオンのLuka Mezgec ルカ・メズゲッツ選手の完璧なリードアウトに導かれ、誰よりも早い加速で勝利しました。



Tour of Poland stage four results:
1. Caleb Ewan (ORICA-SCOTT) 5:38:49
2. Danny van Poppel (Team Sky) ST
3. Peter Sagan (Bora-Hansgrohe) ST
General classification after stage four:
1. Peter Sagan (Bora-Hansgrohe) 15:41:47
2. Dylan Teuns (BMC Racing) +0:10
3. Rafal Majka (Bora-Hansgrohe) +0:16
9. Adam Yates (ORICA-SCOTT) +0:29
Photos courtesy of TDWsport




さらに第6ステージでは難関山岳ステージをJack Haig ジャック・ヘイグ選手が残り20kmから逃げ切り、勝利しました。

189kmの距離で5つもの1級山岳を含む、この難関ステージ。
序盤からの逃げ切り勝利を狙う選手達も、後半の厳しいコースと、総合首位の純粋なクライマーではないPeter Sagan ピーター・サガン選手(Bora-Hansgrohe)にタイム差を付けたい総合上位勢のペースアップですべて吸収され、純粋なヒルクライム力勝負が展開されました。

幾度ものアタックが繰り返され、残り23kmで思惑通りサガン選手を切り離すことに成功した集団から、残り20km地点で抜け出すことに成功したのがヘイグ選手。
23歳のオーストラリア人オールラウンダーは要注目です。



Tour of Poland stage six results:
1. Jack Haig (ORICA-SCOTT) 4:58:55
2. Wout Poels (Team Sky) +0:51
3. Bob Jungles (Ettix-Quickstep) ST
General classification after stage six:
1. Dylan Teuns (BMC Racing) 23:41:27
2. Rafal Majka (Bora-Hansgrohe) +0:06
3. Wilco Kelderman (Team Sunweb) +0:10
6. Adam Yates (ORICA-SCOTT) +0:19
Photos courtesy of TDWsport


総合では19秒差の6位にアダム・イエーツ選手が付けています。
他の総合上位勢も錚々たるメンバーで最終日にも注目が集まります。
Vuelta a Españaやシーズン後半に向けて調子を上げてきているORICA SCOTTチームの活躍から目が離せません。