Tour of Polandの第7ステージ、最終ステージが終わりました。

第6ステージ終了時点で、総合3位までが10秒差、6位のAdam Yates アダム・イエーツ選手でも19秒遅れの僅差です。この日の結果次第で総合優勝の可能性が有る選手だらけで、ペースアップは必至。距離は132kmしかないけれど、1級山岳が6個も詰め込まれた高難易度の山岳ステージでした。

序盤の12名の逃げグループに、前日リーダージャージを失った、世界チャンピオンのPeter Sagan ペテル・サガン選手(Bora-Hansgrohe)が入ります、逃がすわけにはいかない集団の追走のペースも早く、逃げ集団がばらけ、単独になっても残り10kmまで粘り続けました。

その後もアタックが繰り返されるサバイバルレース。
残り3km地点で前日の勝者、Jack Haig ジャック・ヘイグ選手もアタック。
残り1kmでも先頭9名。

総合優勝を賭けた有力選手のぶつかり合いの結果、アダム・イエーツ選手がステージ2位に入り、ボーナスタイムも獲得。総合5位でレースを終えました。

最終的にチームは全7ステージ中、2勝を挙げ、エースも総合上位でゴールすることが出来ました。
19日から始まるVuelta a Españaに向けて、コンディションを上げてきているORICA SCOTTチームの活躍から目が離せません。



Tour of Poland stage seven results:
1. Wout Poels (Team Sky)  3:26:20
2. Adam Yates (ORICA-SCOTT) ST
3. Rafal Majka (Bora-Hansgrohe) ST

Final general classification:
1. Dylan Teuns (BMC Racing) 27:07:47
2. Rafal Majka (Bora-Hansgrohe) +0:02
3. Wout Poels (Team Sky) +0:03
5. Adam Yates (ORICA-SCOTT) +0:13

Photos courtesy of TDWsport