オーストラリアのケアンズで開催中のUCI2017年世界選手権。その四日目、9月9日、XCO男子エリートが31.7kmのコースで行われ、ニノシューター Nino Schurter 選手が優勝しました。
これで世界選手権は6勝目。2015年から3連覇達成です。

レースの動画は下記
UCIのFacebook
からご覧いただけます。

モデルチェンジしたSPARK 29erに乗り換えた今シーズンはワールドカップは負けなしの6連勝で、文句なしの総合優勝。

その勢いのままに世界選手権も勝利し、その証、虹色ジャージを1年間着用します。




そんな彼が、当日乗っていたのは、CrocodileのスペシャルカラーSPARK RC 900WC。
これまではnino選手といえば、27.5in、650Bに誰よりも早くから乗り、そのイメージがとても強くありました。

彼は170㎝台の身長ですが、29erも当初からテストし続けていて、BOOST規格でホイール剛性の上がった新しいSPARK 29erと出会い、今年からの相棒に選びました。
その結果は、現在世界最高の形で表れています。
そして、そのSPARK 29erは特別なカラーリング以外は市販車両と変わりません。
日本国内でもSPARK 29erの展開が始まりましたので、ぜひご注目ください。









Photo BY Nino Schurter Facebook