オーストラリアで開催されるプロロードレースシーズンの開幕戦、Tour Down Under が始まりました。

初日にはUCIポイント対象外、総合成績にも加算されないクリテリウムレースが開催され、直前にオーストラリアクリテリウムチャンピオンジャージを獲得したCaleb Ewan選手が早速、オーストラリア国旗柄のジャージで出走し、3位に入賞しました。

翌日の第1ステージでもEwan選手は早めのスプリントが最後にかわされてしまい2位に。総合成績も4秒遅れの2位になりました。

第2ステージは緩めの登りスプリントゴールの148.6㎞のステージ。
序盤からの逃げが残り14㎞で吸収されると、スプリンターを抱えるチームが先頭を引き始めます。
ラスト200mでDaryl Impey選手が先頭に立ち、世界チャンピオンのPeter Sagan選手と争いますが、さらにその後ろからEwan選手が抜き去りゴール!Impey選手も続き、Mitchelton-SCOTTチームで1・2フィニッシュでした。

前日までの総合リーダーが登りで遅れたため、総合成績もそのまま1位、2位についています。
山岳賞以外の各種ジャージもEwan選手が独占です。




翌日の第3ステージはあまりの暑さに146.5kmコースが120.5kmに短縮されると発表されています。
そんな過酷な環境の中で本領発揮の地元オーストラリアチームのMitchelton-SCOTTにご注目ください。









Tour Down Under – Stage 2 Results:
1.Caleb Ewan (Mitchelton-SCOTT) 4:03:55
2.Daryl Impey (Mitchelton-SCOTT) ST
3.Jay McCarthy (Bora Hansgrohe) ST

Tour Down Under – General Classification after stage 2:
1.Caleb Ewan (Mitchelton-SCOTT) 7:54:00
2.Daryl Impey (Mitchelton-SCOTT) +0:10
3.Peter Sagan (Bora-Hansgrohe) +0:12

Photos: Getty Images
Mitchelton-SCOTT FB