春のクラシックレース、Milan-San Remoが開催されました。

イタリアでは、春(la primavera)と呼ばれる伝統のワンデーレースです。
例年、総距離が長く、比較的平坦なコースで行われるため、スプリンターの為のクラシックレースと言われ、Mitchelton-SCOTTチームも平坦アシストとエーススプリンターを投入した布陣で挑みました。



序盤はまだ寒い雨の中を走り、NIPPOの初山選手を含む、9名の逃げ集団が形成されました。
Mitchelton-SCOTTチームはエーススプリンターCaleb Ewan選手をアシストし、集団で進みます。








残り30㎞で逃げ集団が全員吸収されると、残り21㎞地点のチプレッサ峠頂上時点までに高速牽引で集団は絞り込まれます。
残り10㎞地点での落車も有り、集団は40名少々に。

ポッジオ峠頂上まで、あと2㎞、ゴールまで7㎞の地点で、2名が飛び出し、そのうち、Bahrain Meridaのイタリア人、Vincenzo Nibali 選手が単独で逃げました。

Mitchelton-SCOTTからはMatteo Trentin選手が全力で追いますが合流できず。
集団内の有力選手の牽制し合いもあり、ゴールまで逃げ切られてしまいました。

ゴール前では手の届きそうな距離まで詰めましたが、Ewan選手がタイム差無しの2位。
非常に悔しい結果となりました。

Ewan選手はインタビューで、勝者のNibali選手を称え、集団の先頭、2位をとれたことを喜び、来年以降の勝利を狙うと答えました。

スプリンターの中でも小柄なEwan選手は、今回の2位という結果を見てもこのレースに適性が高いことがわかります。これからもその活躍からは目が離せません。





Milan - SanRemo RESULTS:
1. Vincenzo Nibali (Bahrain Merida) 7:18:43
2. Caleb Ewan (Mitchelton-SCOTT) ST
3. Arnaud Demare (Groupama-FDJ) ST

Photos Getty Images Mitchelton-SCOTT FB