先日Giro d’Italiaの第9ステージでリーダージャージを着ての勝利をお伝えしたばかりのSimon Yates選手が、第11ステージで再び勝利をあげました。





第9ステージを終えた時点では総合1位Simon Yates選手、2位にEsteban Chaves選手がつけていたMitchelton-SCOTTチーム。
翌日は休養日で、5/15に244kmの第9ステージが行われました。

ステージ優勝争いが注目点になると思われた、今大会最長のアップダウンのある高速ステージでしたが、Esteban Chaves選手が先頭集団から遅れてしまう、まさかの展開に。
チームとしては総合リーダーSimon Yates選手にアシスト選手を残しつつ、後方集団にアシスト選手を合流させChaves選手の復帰を目指しますが、そうはさせないという他チームによる集団のペースアップもあり、この日だけで25分遅れてしまいました。

この結果、総合争いからは完全に脱落してしまいましたが、Chaves選手の山岳ポイントは総合リーダーのSimon Yates選手に次いで2位。リーダージャージを着るSimon Yates選手からの繰り下がりで青い山岳ポイントジャージを着用しています。








5/16 第11ステージは156㎞のアップダウンが続き、急勾配のセレクションの末、登りゴールの過酷なステージ。
序盤の激しいアタック合戦の末、総合タイム差的に問題のない5名の逃げ集団が形成されます。
大きなタイム差を許さず、集団をコントロールするMitchelton-SCOTTチーム。ステージ優勝狙いの選手とその所属チームの思惑も利用し、残り5㎞からの石畳の上り坂開始のころに、逃げた選手を捕まえます。
残り1.8㎞、カウンターアタックの選手もJack Haig選手が集団前方でSimon Yates選手を引き、捕まえます。
そこからピンクのジャージのSimon Yates選手が独走!そのままゴールまで1㎞を逃げ切り、ステージ優勝とボーナスタイムを稼ぎ出しました。








まだまだ過酷な山岳ステージと、スペシャリストとタイム差が付く個人タイムトライアルも残すGiro d’Italia。
Simon Yates選手とMitchelton-SCOTTチームから目が離せません。



Giro d'Italia stage 11 results:
1. Simon Yates (Mitchelton-SCOTT) 3:25:53
2. Tom Dumoulin (Team Sunweb) +0:02
3. Davide Formolo (Bora-Hansgrohe) +0:05

General classification after stage 11:
1. Simon Yates (Mitchelton-SCOTT) 47:08:21
2. Tom Dumoulin (Team Sunweb) +0:47
3. Thibaut Pinot (Groupama-FDJ) +1:04

Photo 大会公式HP FB