7/7に世界最大のステージレース、Tour de France の2018年大会が開幕しました。


開幕の直前にMitchelton ワインのオーナーが持つ、別会社、Let's Goがスポンサーに加わり、ジャージのデザインに変更が加わりました。

初日は201㎞の平坦コース。
スプリンター達のステージで、総合争いとは無関係のはずが、残り10㎞地点での落車に多くの有力選手が巻き込まれてしまい、タイムを失ってしまいます。
その中にMitchelton-SCOTT チームのエース、Adam Yates 選手もいて、集団から51秒遅れでのゴールとなりました。


Tour de France – Stage 1 Results:
1. Fernando Gaviria (Quickstep Floors) 4:23:22
2. Peter Sagan (Bora Hansgrohe) ST
3. Marcel Kittel (Katusha Alpecin) ST
84. Adam Yates (Mitchelton-SCOTT) +0:51



7/8 第2ステージもスプリントステージ。
182.5㎞のコースは序盤に少々のアップダウンが有るものの、ゴール前は完全に平坦で、高速の集団スプリントが予想されるステージでした。

逃げをうったのはDirect Energie チームのフランス人、Sylvain Chavanel 選手ら3選手。
山岳ポイント狙いだった2選手がポイント通過後に逃げをやめた後も、残り14㎞地点まで、実に170㎞近くを逃げたChavanel選手。以前はIAM cycling チームに所属していて、その頃も彼専用のオレンジ色のADDICTに乗り、アタックを繰り返していました。


この日も集団内での落車が繰り返され、Adam Yates 選手が2日連続で巻き込まれてしまいます。
幸い大きなけがはなく、集団に復帰することができ、タイム差無しでゴールできました。

Tour de France - Stage 2 Results:
1. Peter Sagan (Bora Hansgrohe) 4:06:37
2. Sonny Cabrelli (Bahrain-Merida) ST
3. Arnaud Demare (Groupama-FDJ) ST
22. Adam Yates (Mitchelton-SCOTT) ST

Tour de France - General Classification after Stage 2:
1. Peter Ssgan (Bora Hansgrohe) 8:29:53
2. Fernando Gaviria (Quickstep Floors) +0:06
3. Sonny Colbrelli (Bahrain-Merida) +0:10
81. Adam Yates (Mitchelton-SCOTT) +1:07




7/9 の第3ステージはチームタイムトライアル。Tour de France では数年ぶりの開催です。
今大会でMitchelton-SCOTT チームはスプリンターを用意していない選手構成、その為、第1ステージ、第2ステージの順位を争わなかったことで、スタート時点のチーム順位は最下位。
スタート順がチーム順位下位からなので1番最初にスタートし、タイムトライアルのスペシャリストを多く含む強力メンバーで9秒差の4位に入りました。
クライマー系の Adam Yates 選手も遅れることなくゴールし、遅れた有力選手たちとタイム差を稼ぐことに成功しました。





Tour de France – Stage 3 Results:
1. BMC Racing Team 38:46
2. Team Sky +0:04
3. Quickstep Floors +0:07
4. Mitchelton-SCOTT +0:09

Tour de France: General Classification after stage 3:
1. Greg Van Avermaet (BMC Racing) 9:08:55
2. Tejay Van Garderen (BMC Racing) ST
3. Geraint Thomas (Team Sky) +0:03
20. Adam Yates (Mitchelton-SCOTT) +1:00



落車は有ったものの、ここまでは順調に来ているAdam Yates 選手とMitchelton-SCOTT チーム。
3周目の山岳コースが始まる以前でも何が起こるかわからないのがTour de Franceです。Mitchelton-SCOTT チームからは目が離せません。