N1NO選手の母国、そしてSCOTTヘッドクォーターのあるスイス レンツァーハイデで開催された世界選手権。
ディフェンディング チャンピオンとして挑んだN1NO = Nino Schurter 選手はスタート直後からレースを支配します。





イタリアチームGerhard Kerschbaumer 選手もN1NO 選手についていきますが、ゴールまで残り1.5周地点でかけられた N1NO 選手のパワフルなアタックに対応出来ません。

残り1周、タイム差は6秒。
N1NO 選手の加速はまだまだ続きます。最終的には2位に11秒の差をつけてゴールしました!





そして2万4千人の大観衆のもと、最も大きなXCレースで歴史を刻み、N1NO Schurter 選手は4年連続、7度目の世界王者に輝きました!





レース後には
「嬉しすぎて言葉が出てこないよ。スイスのファンの前で世界選手権に勝てるなんて、お金で買えない価値というのはまさにこの事だよ!多くのファンの声援が僕の力になったんだ。それは信じられないほど大きな力で、そして今までのマウンテンバイクレースの中で最も良い感覚だった。皆の声援のお陰で優勝する事が出来たよ、ありがとう。」
とコメントしました。





N1NO選手×SCOTTは誰にも止める事が出来ません!
そして、2019年シーズンも目が離せません!!



1 Nino Schurter (Switzerland) 1:29:21
2 Gerhard Kerschbaumer (Italy) 0:00:11
3 Mathieu Van Der Poel (Netherlands) 0:01:14


Photo BY SCOTT-SRAM HP