「The time has come…」時は来た…

2016年のパリルーベ Paris-Roubaix ウィナーでMitchelton-SCOTT チームのキャプテンであった Mathew Hayman マシュー・ヘイマン選手が来季での引退を発表しました。

キャリアのほとんどをエースのアシストに徹し、多くの勝利に貢献してきました。




Esteban Chaves エステバン・チャベス選手が落車で大怪我をした際にも自身の経験などを伝え若手選手の育成にも当たっていました。

そのベテランライダーも40歳を迎えた今年、引退を決断しました。




「とても重要な決断をする時が来たよ。ケガをして大変な時や結果が出せないときにも応援してくれた関係者や多くのファンには感謝している。本当にありがとう。」





2016 Paris-Roubaix results:
1. Mathew Hayman (ORICA-GreenEDGE) 5:51:53
2. Tom Boonen (Etixx-Quickstep) ST
3. Ian Stannard (Team-Sky) ST

2016 Paris-Roubaix Back stage PASS



ヘイマン選手の現役最後のレースは来年、2019年の彼とチームの地元、オーストラリアで開催されるTour Down Underです。

そして、10月19日~21日に開催されるジャパンカップにも出場予定です!是非応援の程宜しくお願いします!


Photo BY Mitchelton-SCOTT HP & FBMathew Hayman FB