World and European Champions Join SCOTT-SRAM





2018シーズンのワールドチャンピオン「Kate Courtney」選手と
同じく2018シーズンヨーロッパチャンピオン「Lars Forster」選手がSCOTT SRAM Racing Teamに加入いたしました。

SCOTT SRAM MTB Racing Teamは次のオリンピックである東京オリンピックに向けての計画として今回の2人に加入を迎え入れました。

輝かしい成績を持つこの2人とオリンピック&ワールドチャンピオンであるスーパースター「Nino Schurter」や「Andri Frischknecht」と共に4人でのチーム編成となります。


 

昨年、17年ぶりにアメリカに世界チャンピオンをもたらした
「Kate Courtney 」


 

エリートカテゴリーに昇格後、ケープエピックやUSナショナルチャンピオンを獲得しましたが、世界選手権に出場するまではケイトが優勝候補であると考える者は非常に少ない状態でした。
 
しかし、彼女は多くのトレーニングと練習を積みかさね自分自身に打ち勝つと共にワールドチャンピオンを獲得する事で世界中にその存在感を示しました。
 
SRAM SCOTT Teamはその世界戦が始まる前に既に彼女の才能に気づき、勝つことを信じていました。おめでとう!ケイト!


 

「私はSCOTT-SRAMチームに参加できてとても嬉しいです。 このチームは伝説的な監督であるThomas Frischknechtが指揮し、才能あふれるチームメイト、特に現在の男子ワールドチャンピオンのNino Schurterと一緒に走ることができる、私にとって素晴らしい機会です。」






アメリカ カリフォルニア州にある「Mount Tamalpais」は彼女の育った土地であり現在のホームトレイルとなっています。



ケイトは自分自身が今何をするべきかを冷静に良く理解できる選手であり、目標を達成するための準備を100%以上に出来る人として知られています。
 
ワールドチャンピオンの称号は彼女にとっては予想外に早く手に入れてしまいましたが、彼女はいつも世界一位の証であるアルカンシェルジャージに袖を通す目標として準備してきていました。
 
これからの更なる彼女の活躍で、彼女を取り巻く環境はより変化する事でしょう。新しいチームでの新しい体制、機材そして期待値等。

あらゆるレースでの彼女の活躍が楽しみですね!


 



Lars Forster- 2018 ヨーロッパチャンピオン獲得


 

 

SCOTT-SRAMへのもう一つの強力な追加はLars Forsterです。
 
元U23ワールドチャンピオンのスイス人の彼ですが、ニノの存在が余りにも大きかったために目立ってはいない存在でした。
しかし、ヨーロッパチャンピオンに輝くと同時に、その存在感はより大きく放たれ注目されるライダーとなりました。



 

 

クロスカントリーは元より、彼の才能は幅広く、現シクロクロスのスイスナショナルチャンピオンでもあります。
 
ワールドカップ表彰台も乗った経験もあり彼の勝負に対する野心や意気込みはケイトと同じ物を持っています。
 
そして25歳の彼はこう言います。
「自分は東京オリンピックに向けて更に強くなります。ニノ・シューターと共に戦える体制は私にとって非常に大きな経験となります。
チームディレクターであるトーマス・フレシュクネヒトの率いるチームで戦う事も夢見ていました。
これらチームの力でより次へのステージに登り詰める事が出来るでしょう。」





 

新しく加入した2人と現在24歳のヤングガン!アンドリー・フレシュクネヒト、そして我らがリーダー、ニノ・シューターで2019シーズン SCOTT SRAMチームは世界の頂点をまた目指して戦います。
 
圧倒的な強さを誇るライダーとマシンの最強パッケージにご期待ください。