SPARK

BUILT WITH
PERFECTION
BRED TO WIN



SPARKはニノ・シューターをワールドカップ連勝へと導き、更なる強さと記録を生み出しています。

低重心化による操作性と高い剛性の確保、そして驚異的なトラクション性能を誇り、多くのレーサーにも使用される、現在最も勝利に近いマシンとして君臨しています。



2017年にフルモデルチェンジを果たし現在のフレーム形状となったSPARK。
 
ワールドカップの数々の勝利を量産し、リオオリンピックでも男女共に金メダルを獲得。

更には世界戦も制覇という快挙をデビュー年に成し得、そこからニノ・シューターを連戦連勝へ導いたモデルとなりました。





そして現在も尚、圧倒的な強さを誇り世界のトップに君臨しています。






 

コンパクトさを保ちながら剛性が高いトラニオンマウント規格の新しいリンクシステムを採用。

FOX社との共同開発によって生み出されたリアサスペンション、1Xドライブトレイン専用フレームとすることでフレームデザインの効率化もなされ、あらゆる面で理想とする設計をSCOTTの用いるカーボンテクノロジーにより実現しました。

年々激しいコースレイアウトへと変化するクロスカントリーレースにおいても、非常に多くのメリットのある高い操作性と驚異的なトラクション性能で、あらゆるライダーに大きなアドバンテージを提供いたします。


 

SCOTTを代表するクロスカントリーフルサスペンションバイクとなる「SPARKシリーズ」はハードテイルの「SCALEシリーズ」同様、2タイプ展開されています。


 

SPARK RCシリーズ



公式レースの最高峰であるCoupe de Japonシリーズに参戦される方や、その他クロスカントリーレースに出場される方に向けたラインナップです。

世界で快進撃を続けるニノ・シューターが使用しているモデルも、このSPARK RCです。

トップグレードのSPARK RC 900 WORLD CUPSPARK RC 900 SLにはSCOTTが誇る最高峰グレードのカーボン「HMXカーボン」が採用されています。
 
このSCALE RCシリーズは全車種、軽量化と剛性アップを突き詰めた1Xドライブトレイン専用フレームデザインを採用。
 
サスペンショントラベル量はレースに特化し100mmとなり、2Xモデルとは異なるシートステーデザインとなっています。



SPARKシリーズ



クロスカントリーレースは勿論、セルフディスカバリー王滝のようなアドベンチャーレースやトレイルライドも楽しみたい方にお勧めのラインナップとなっています。

SPARKシリーズは「HMFカーボン」を採用したモデルと「6061スーパーライトアルミ6061」を使用したモデルに分類。
 
サスペンショントラベル量は余裕のある120mm、2Xドライブトレイン対応のフレームデザインとなっています。

SPARK RCシリーズに比べ、トラベル量も20mm増加し、フロントディレイラー取り付けも可能になる事で、本格クロスカントリーからトレイルライドまでをフルカバーしたモデル。対応性の高い、まさにオールラウンドなバイクに仕上がっています。


 

「SPARK TECHNOLOGIES」



Sparkは今までで最も成功したクロスカントリーフルサスペンションバイクです。

リアサスペンションを含めても1779g以下、この最高級モデルは史上最軽量のフルサスペンションフレームの1つです。

新しいプラットフォームはただ軽量で剛性の高いフレームを提供する為だけにデザインされた訳ではなく、運動学的に最適化する為でもあります。

極めて詳細なスマートテクノロジーを組み合わせる事により、最高のクロスカントリーフルサスペンションバイクの1つとなりました。



LIGHT WEIGHT BENCHMARK


Spark RC シリーズは非常に軽量な素材を使用して設計されました。

リアサスペンションとフレーム小物を含んだ重さは1779g(29”)
これは現在最軽量のフルサスペンションバイクの1 つです。

SCOTT が求める剛性を満たしBoost スタンダードをレースバイクに適用、エンジニア達は一切妥協をしないレースに特化したターゲットグループを念頭に、Spark RC シリーズを設計しました。

基準となる重量を達成した背景には最軽量カーボンファイバーを活用しただけではなく、私達の合理的なカーボンレイアップのおかげでもあります。




 

EVOLAP CARBON TECHNOLOGY


SCOTTのカーボンエンジニアリングの専門知識は、超軽量フレームを作りだす為の要素の1 つであり、新しいハイエンドカーボンを組み合わせて活用する事がもう1 つの要素です。

HMX-SL Spark フレームは現在最軽量で高剛性のカーボン繊維を使用しています。

最先端のカーボンファイバーを選ぶ際にはFEA(有限要素解析)ソフトウェアという特定のツールを集中的に使用し、カーボンレイアップを緻密に計画します。

SCOTT独自のEvoLap テクノロジーではバーチャルのフレームに異なる力を加えた際のシミュレーションを行い、その結果に従いフレーム構造を調整することでハイテクなフレームを作りだしています。





 

OPTIMIZED KINEMATIC


Spark をデザインした際の私達のゴールは究極のフルサスペンションクロスカントリーバイクを作りだす事でした。

旧Spark のシングルピボットトップリンクデザインから、新Spark ではシングルピボットロッカーリンクとトラニオンマウントを搭載したデザインに変更しました。

サスペンションの性能を引き出すことは私達の主な目的の1 つでした。
私達はトラベルの初期は反応が良く、サグを越えると完璧なトラクション力、そして最適化された減衰特性を持つシステムを生み出しました。

新しいSpark はメインピボットの位置をこれまでよりも高く設計する事で、最も効率の良いペダリング特性が得られるようになりました。





CROSS COUNTRY GEOMETRY


SCOTTが現代のフルサスペンションジオメトリーに求める全て‐最大限の安定性の為の寝たヘッドアングル、機敏なハンドリングの為の短くなったチェーンステイ、そして乗車時に低重心をより感じられる為にスタンオーバーと重心を低くする事が実現できました。

私達はレースに最適化させる為にスタックハイトを低くデザインしました、長いリーチと短いステムの採用で素晴らしいハンドリングが得られています。

起きたシートチューブによりバランスの取れた重量配分とパワー伝達。多くの選手と幅広いユーザーを念頭に置き、一切妥協をしないハイパフォーマンスジオメトリーを開発しました。




LIGHT WEIGHT DESIGN


「REAR TRIANGLE」


かつて無いほどの軽量フレームを生み出すために、あらゆるパートでのデザインを見直しました。
 
カーボンレイアップの効率化とフレームを構成するパーツ点数を過去のモデルから大幅に減少させました。

可動部分の金属部品をなくし、シートステーとチェーンステーのリンクもなくすことにより、前モデルよりもリアトライアングル部分のみで120gもの軽量化に成功しています。




 

「BRAKE MOUNT」


ブレーキマウント部分では、今までチェーンステーに直に取り付けていたブレーキマウントを、アクスルとチェーンステーの中間部分のみで保持する方式に変更しました。
こうすることで、シートステーに一切の応力を伝えることが無くなり、シートステーのデザインの自由度を上げることができました。




 

「1x/2x OPTIMIZATIONS 」


SPARK RCシリーズは1Xドライブトレイン化されたことにより、チェーンチング用の逃げを減らし、メインピボットの幅、及びシートステーの拡大が出来、高剛性化と泥はけ性能の両立を実現しています。

SPARKシリーズではハイダイレクトマウントとブースト規格により2016モデルに比べメインピボットの拡大とチェーンステイの剛性アップとなっています。




「FLIPPED SHOCK」


全てのSPARKシリーズが採用しているリアサスペンションはトラリオンマウントを採用しています。しかしショックマウントの取り付け方向がが他のブランドのバイクと比較して、上下逆転しているタイプを専用設計にて採用しています。
 
その理由は、重量物が下側、BB側となることで低重心化できるからです。
 
そして更にユニットをBB上部のフレーム部と幅広く取り付けられ、更なる高剛性化も達成しています。

ツインロックシステムのケーブル類の取り回しもシンプルになり、この特殊設計は全てにおいて優れた結果を導いています。




「ASYMETRIC DESIGN」


SPARKをフレーム上部から見た際に、サスペンションは若干左に寄せた位置に取り付けられています。
 
そうする事でダウンチューブをより直線に近い形状にデザインでき、強度の高い左右バランスの優れたフレームとなっています。




「ROCKER LINK」


リアタイヤからの衝撃がサスペンションに伝わる際に最も稼働する部分はロッカーリンク部です。
 
最も激しい動きを繰り返すこの部分は、高い剛性が求められ、重量は軽いほうが良い、とても重要なパートです。
 
SPARK RCに採用されるカーボンロッカーリンクの重量は、何と77g。
 
SPARKに採用されるアルミロッカーリンクは114gとなっています。
 
2016年までのSPARKに採用されていた物は145gであり、この部分だけでも相当な軽量化を実現しています。それでいて高剛性な設計で有り、サスペンションのスムーズな動きを妨げません。




「SYSTEM INTEGRATION CABLE ROUTING」


SPARKのケーブル類は全てフレーム内に収納されます。

それにより美しいスタイリングと内部化された事によるワイヤー類の耐久性向上にも役立っています。



 

「TWINLOC SUSPENSION SYSTEM」


3つのポジションを選択可能にする事により、どんなシチュエーションでも最高のサスペンションパフォーマンスを実現します。

FOX Nude DPSショックには3つのポジション、ロックアウト・トラクションコントロール・ディセンドがあります。

ロックアウトモードは空気量を減少させたセッティングと、ダンパーが閉じてあり、登坂に効率の良いジオメトリーが特長です。

トラクションコントロールモードは空気量を減少させたセッティングとダンピングにより、ペダルをこいでいる際に効率の良いサグとトラクションが得られます。

そしてスプリングボリュームを減少させた事により短いトラベルと減少したサグ、ジオメトリー調節が特長です。スプリングがトラベルの高い位置につく事で高く、効率の良い乗車姿勢になります。

ディセンドモードはフルエアーボリュームと柔軟なダンピング、そして低めのサグポジションにより自信を持って下りに望めます。
 
これらのモードをTWINLOCシステムでは、前後サスペンションセッティングを1つのレバーで同時に、しかも瞬時に操作が可能となっているところが大きな特徴です。
 
ワールドカップでのレースの際、ニノ・シューターはコースを1周走行する際に、このTWINLOCレバーをコーナーを抜けるたびに設定し、数十回もの操作をしています。
 
常にロスの少ないペダリングと抜群のトラクションを獲得する事に非常に役立つ機能であり、勝利を支えた素晴らしいシステムであると言えます。






SPARK RC LINE-UP (100mm TRAVEL)


SPARK RC 900 SL



SPARK RCシリーズのハイエンドモデルです。
シマノ社製XTRコンポーネントをメインに採用しフレーム素材もハイエンドカーボンである「HMX-SL」仕様となっています。


 
 
 

SPARK RC 900 WORLD CUP



ワールドカップ、オリンピック、世界戦全てを制覇した「ニノ・シューター」の駆る
SCOTT SRAM TEAMモデルです。
圧倒的な強さを速さを実証したマシンで是非勝利を勝ち取ってください。





SPARK RC 900 PRO



HMFカーボン採用のシマノ社製XTRコンポーネントモデルです。
2019年モデルのロードバイクでも大好評のマットダークブロンズカラー仕様。





SPARK RC 900 TEAM



HMFカーボン採用のSRAM社製GXコンポーネントモデルです。





SPARK RC 900 COMP



スーパーライトアロイ6011を採用したアルミモデルです。
SRAM社、シマノ社コンポーネントミックス仕様。





SPARK LINE-UP (120mm TRAVEL)


レースからトレイルライドまで、まさにシーンを選ばない万能モデル。


SPARK 920






SPARK 950






SPARK 960


 



SPARK 970






以上がSPARKシリーズのラインナップとなっております。
 
世界一の称号を欲しいままに活躍するSPARK RC
 
そして、トレイルライドからレースシーンまでより速く快適に楽しく乗れるSPARK
 
SCOTTがお届けする超高性能フルサスペンションバイクを是非お楽しみください。