Photo courtesy of Getty Images.BY Mitchelton-SCOTT HP


5/11 からグランツールのGiro d’Italia がスタート、6/2にミラノにゴールし3週間の戦いが終了しました。

5/20が1回目の休息日。
5/27が2回目の休息日。
今回はその後、第3週目の様子をご紹介します。

Mitchelton-SCOTT チームの Simon Yates 選手は、第15ステージ終了時点でトップから5分24秒遅れの8位につけていました。


Giro d’Italia – General Classification after Stage 15:
1. Richard Carapaz (Movistar Team) 64:24:00
2. Primoz Roglic (Jumbo-Visma) +0:47
3. Vincenzo Nibali (Bahrain-Merida) +1:47
8. Simon Yates (Mitchelton-SCOTT) +5:24






5/28 は第16ステージ。
前日に最後の休息日を終え、少しだけリフレッシュした状態で迎える、このステージは大会最高峰の超級山岳、GAVIA 2618mを超える 226kmの予定でした。
スタート前に積雪と悪天候を理由にコース変更が発表され、総距離は194km、獲得標高差も5700mから4800mに減りましたが、雨が降り、気温も低い非常に困難なステージになりました。

16st 変更前16st 変更前Photo BY Giro d’Italia HP
16st 変更後16st 変更後Photo BY Giro d’Italia HP

序盤に21名の逃げグループが形成され、Mitchelton-SCOTT チームからは Chris Juul-Jensen 選手、Mikel Nieve 選手の2名が入ります。
この2人の目的は、展開次第ではステージ優勝、Nieve 選手の総合ジャンプアップも視野に入りますが、第一には後半に追いついてくるはずのエース、Simon Yates 選手を先に前に行って待つこと。
メイン集団のペースが上がった時点で事前に前方に居ることで、ペースを緩めメイン集団に追いつかせて合流し、エースの力をより多く残せるようにアシストすることが出来ます。同様の考えで、総合有力勢はこの集団にアシスト選手を送り込みます。

山岳ジャージを着るTrek-Segafredo チームのGiulio Ciccone 選手とAstana Pro Team のJan Hirt 選手が抜け出し、逃げ切り勝利を上げたこの日、総合有力勢ではBahrain-Merida チームのVincenzo Nibali 選手のアタックについていけたMovistar Team のRichard Carapaz 選手とMikel Landa 選手はタイムを失わず、Team Jumbo Visma のPrimoz Roglic 選手と共に遅れてしまったSimon Yates 選手はタイム差を広げられてしまいました。



Photo BY Mitchelton-SCOTT Twitter

Photo BY Mitchelton-SCOTT Twitter

Photo BY Mitchelton-SCOTT Twitter



Giro d’Italia – Stage 16 Results:
1. Giulio Ciccone (Trek-Segafredo) 5:36:24
2. Jan Hirt (Astana Pro Team) ST
3. Fausto Masnada (Androni-Giocattoli) +1:20
14. Simon Yates (Mitchelton-SCOTT) +3:03

Giro d’Italia – General Classification after Stage 16:
1. Richard Carapaz (Movistar Team) 70:02:05
2. Vincenzo Nibali (Bahrain-Merida) +1:47
3. Primoz Roglic (Team Jumbo Visma) +2:09
8. Simon Yates (Mitchelton-SCOTT) +6:46





5/29 は第17ステージ。
この日もMitchelton-SCOTT チームは積極的に動き、54km地点でできた18名の逃げに、Esteban Chaves 選手、Lucas Hamilton 選手の2名を送り込みます。
コロンビア人クライマーのChaves 選手は昨年のGiro d’Italia で1勝して以降、体調を崩しシーズン後半の予定をキャンセル、本格的なレース復帰はこの春からでした。
万全であれば、小柄な体格を生かした軽快なヒルクライムで強力な山岳アシストとして、展開によってはエースとして期待される存在です。

逃げ集団から抜け出したAG2R La Mondiale チームのNans Peters 選手が逃げ切り、その後ろ、3名の追走集団のトップ、ステージ2位にChaves 選手は入りました。


Photo BY Giro d’Italia HP

Photo BY Mitchelton-SCOTT Twitter

Photo BY Mitchelton-SCOTT Twitter



Giro d’Italia – Stage 17 Results:
1. Nans Peters (AG2R La Mondiale) 4:41:34
2. Esteban Chaves (Mitchelton-SCOTT) +1:34
3. Davide Formolo (Bora-Hansgrohe) +1:51

Giro d’Italia – General Classification after Stage 17:
1. Richard Carapaz (Movistar Team) 74:48:18
2. Vincenzo Nibali (Bahrain-Merida) +1:54
3. Primoz Roglic (Team Jumbo Visma) +2:16
8. Simon Yates (Mitchelton-SCOTT) +7:13






5/30 は第18ステージ。
この日は下り基調のスプリンター向、厳しい山岳コースを乗り切ったスプリンター達に主役を譲り総合勢は足を休める222kmのステージ。
50km地点で総合成績に関係が無い3名の逃げが成立し、スプリンターチームのコントロールでレースは進みます。
ゴール前で確実に吸収するはずが、残り1km地点でも先頭3名とメイン集団の差は15秒。
迫りくる大集団のほんの少し前でNippo Vini Fantini チームのDamiano Cima 選手がゴールに入り、見事に逃げ切り勝利をあげました。

Photo BY Giro d’Italia HP


Giro d’Italia – Stage 18 Results:
1. Damiano Cima (Nippo Vini Fantini) 4:56:04
2. Pascal Ackermann (BORA-Hansgrohe) ST
3. Simone Consonni (UAE Team Emirates) ST
26. Jack Bauer (Mitchelton-SCOTT) ST

Giro d’Italia – General Classification after Stage 18:
1. Richard Carapaz (Movistar Team) 79:44:22
2. Vincenzo Nibali (Bahrain-Merida) +1:54
3. Primoz Roglic (Team Jumbo Visma) +2:16
8. Simon Yates (Mitchelton-SCOTT) +7:13





5/31 は第19ステージ。
2級山岳の登りゴールで争われるこのステージ、スタートしてすぐ、12名の逃げグループが形成されます。
Mitchelton-SCOTT チームからは第17ステージで2位に入った Esteban Chaves 選手が好調を維持し、加わります。

総合成績に関係する選手も居ないため、メイン集団はこのグループを追いかけることはせず、12名の集団でステージ優勝は争われることになりました。
平坦区間でのアタックは有ったものの、逃げ集団内での勝負は最後の2級山岳まで続き、最後の上りで何度もアタックを仕掛けたChaves 選手が残り3kmを切った時点で引き離し、単独でゴールし、今シーズンの初勝利、チームにとっては今年のGiro d’Italia 初勝利をあげました。


総合成績を争うメイン集団でもアタックは繰り返されましたが、大きくタイム差は動かず、Simon Yates 選手は7分差、総合8位をキープしています。


Photo BY Giro d’Italia HP

Photo BY Mitchelton-SCOTT Twitter

Photo BY Giro d’Italia Twitter

Photo BY Mitchelton-SCOTT Twitter

Photo BY Giro d’Italia Twitter



Giro d’Italia – Stage 19 Results:
1. Esteban Chaves (Mitchelton-SCOTT) 4:01:31
2. Andrea Vendrame (Androni-Giocattoli) +0:10
3. Amaro Antunes (CCC Team) +0:12

Giro d’Italia – General Classification after Stage 19:
1. Richard Carapaz (Movistar Team) 83:52:22
2. Vincenzo Nibali (Bahrain-Merida) +1:54
3. Primoz Roglic (Team Jumbo Visma) +2:16
8. Simon Yates (Mitchelton-SCOTT) +7:17





6/1 は第20ステージ。
3週間もあったGiro d’Italia の戦いも残り2日。
カテゴリー山岳が5つ、2級、1級、2級、2級、1級登りゴールの194km。78km地点の MANGEN 峠は第16ステージの GAVIA 峠がカットされたため、今大会最高地点、チーマコッピに指定されています。
最終日のミラノは個人タイムトライアルなので、クライマー系の選手にとってタイム差を稼ぐ最後のチャンスです。

初日のタイムトライアルでは2位に入ったSimon Yates 選手ですが、それでもどちらかと言えば軽量なクライマー体系の選手。この山岳でもタイム差を稼げるならば稼ぎ、総合順位を上げたいところです。

スタートからアタックが繰り返され、24km地点で形成された逃げグループには Mikel Nieve 選手が入りました。
このグループはMANGEN 峠の下りでメイン集団に追いつかれますが、そこからさらにNieve 選手がAstana Pro Team のPello Bilbao 選手と抜け出します。
そこに6名が合流して、逃げグループは8名になりました。
厳しいコースと早いペースに逃げグループは徐々に崩壊し、総合成績を争う精鋭グループが選手を飲み込みつつ追い上げます。

序盤から動き続けたPello Bilbao 選手が優勝したこのステージで、Mikel Nieve 選手は15秒差の7位でゴール。
総合勢ではTeam Jumbo Visma のPrimoz Roglic 選手が54秒遅れの14位に。Simon Yates 選手はその少し前、48秒遅れの12位でゴールしました。


Photo BY Giro d’Italia HP

Photo BY Mitchelton-SCOTT Twitter



Giro d’Italia – Stage 20 Results:
1. Pello Bilbao (Astana Pro Team) 5:46:02
2. Mikel Landa (Movistar Team) ST
3. Giulio Ciccone (Trek-Segafredo) +0:02
7. Mikel Nieve (Mitchelton-SCOTT) +0:15

Giro d’Italia – General Classification after Stage 20:
1. Richard Carapaz (Movistar Team) 89:38:28
2. Vincenzo Nibali (Bahrain-Merida) +1:54
3. Mikel Landa (Movistar Team) +2:53
8. Simon Yates (Mitchelton-SCOTT) +8:01





6/2 は最終ステージ、第21ステージ。
最終日は17kmの個人タイムトライアル。総合1位と2位の差は1分54秒あり、2位のBahrain-Merida チームのイタリア人、Vincenzo Nibali 選手の方がタイムトライアルが速いとはいえ、トラブルが無ければ、または1回程度のトラブルならば順位の逆転は起こらないという状態でした。

ステージ優勝はTeam Sunweb のアメリカ人、Chad Haga 選手が取り、総合勢では1位と2位は前日から変わらず、Movistar Team のRichard Carapaz 選手がエクアドル人としてGiro d’Italia を初めて制覇しました。
Mitchelton-SCOTT チームのステージ最高位は27秒差の11位に入った、オーストラリア個人タイムトライアルチャンピオンのLuke Durbridge 選手。Simon Yates 選手は1分遅れの24位でした。
Simon Yates 選手の最終総合成績は7分49秒遅れの8位でした。


Photo BY Giro d’Italia HP
Photo BY Mitchelton-SCOTT Twitter

Photo BY Mitchelton-SCOTT Twitter

Photo BY Mitchelton-SCOTT Twitter

Giro d’Italia – Stage 21 Results:
1. Chad Haga (Team Sunweb) 22:07
2. Victor Campenaerts (Lotto-Soudal) +0:04
3. Thomas De Gendt (Lotto-Soudal) +0:06
11. Luke Durbridge (Mitchelton-SCOTT) +0:27

Giro d’Italia – FINAL General Classification:
1. Richard Carapaz (Movistar Team) 90:01:47
2. Vincenzo Nibali (Bahrain-Merida) +1:05
3. Primoz Roglic (Jumbo-Visma) +2:30
8. Simon Yates (Mitchelton-SCOTT) +7:49





総合優勝の有力候補と言われ、スタートした Simon Yates 選手の Giro d’Italia でしたが今年も制覇はなりませんでした。昨年はトップテンにも残れませんでしたが、今年は8位。これからの活躍に期待しましょう。
ロードレースはこれからも続きます。Mitchelton-SCOTT チームの活躍にご期待ください。