NEW ADICT RC




2020年モデルより、SCOTTの新しいロードバイクが登場します。
 
「Light Weight ADDICT」として、グランツール、UCIワールドツアーレースで活躍を続けてきたSCOTTを代表する超軽量レーシングモデル、

「ADDICT RC」がいよいよフルモデルチェンジを果たします。
 

この新しいADDICT RCはロードバイクの新しいベンチマークとなり、今後のUCIワールドツアーレースや多くのステージで活躍する為に生まれてきました。
 
MITCHELTON SCOTT チームを始め、さまざまなロードレーサーが最高のパフォーマンスを発揮できるよう、軽量で強靭なHMXカーボンで成型されたフレーム、Discブレーキとスルーアクスル専用設計とし、インターナルケーブルルーティングとエアロダイナミクスを用いて、夢のような最高のバイクとして開発されました。






SCOTTロードバイクの歴史と記録を更に塗り替えるべく
最先端テクノロジーから生まれた新たなADDICT RCシリーズ




ほとんど全てのケーブルをフレーム内に内蔵する
インターナルケーブルルーティング化




最高のカーボン素材とより進化した設計による軽さと、剛性バランスの追求




F-01エアロダイナミクステクノロジーを活かしたフレームデザイン。

先代のADDICT RCと比較し、45Km/h走行時にて空気抵抗-6w低減。




新しいADDICT RCは更に進化を重ね、ヒルクライマーにとって完全なモデルとなって再登場しました。
 
大きなレースから普段の練習まで、あらゆるヒルクライムシーンでこのADDICT RCを駆るライダーがトップに立てるポテンシャルを秘めています。

より速く、より前へとヒルクライマーを押し上げる非常に頼もしいバイクとなっています。





2018ヴェルタ・ア・エスパーニャ優勝
サイモン・イエーツ選手のコメント

「ほとんど全てのレースで使用している通り、ADDICT RCは私の信頼できる相棒です。

このバイクに乗ることで私はヒルクライムがとても快適になりました。

この新しいADDICT RCは軽いだけでなく、更に高い剛性を兼ね備え、エアロダイナミクス向上のため、インテグレートされたケーブルルーティングを持っています。
さらに雨の中でより早いブレーキングのためのディスクブレーキを装備した究極のクライミングバイクです。」








2008年の初代ADDICT 登場以来、ADDICT RCは最も成功しているとされる競技用バイクのひとつです。

これまで以上の空気抵抗の軽減、必要な箇所の剛性UP、そして更なる軽量化がヒルクライムを楽しくさせてくれるでしょう!









全てが新しくなったADDICT RCはケーブルが完全にハンドル、ステム、フレーム内を通る事で非常に美しいスタイリングを実現しています。

メカニカルコンポーネント、電動変速コンポーネントのどちらにも対応します。

昨今のシフト及びブレーキパーツの品質の向上、そしてヘッドチューブの剛性UPの実現により、全く新しいインテグラルケーブルルーティングを実現しました。





ヘッドチューブ内、フォークコラムの前をケーブルがまとまって通る独自の設計を行うことで、今まで指摘されてきた整備する際のケーブル内蔵化のデメリットを限りなく少なくすることが出来ました。
ケーブル交換やメンテナンスも非常にスムーズに行える設計になっています。













特許取得済の「エキセントリック・バイクフォークシャフト」

組立やメンテナンスのプロセスを最初から見直し、オリジナルな機能パーツを組み込むことによって、ケーブル類のインターナルルーティングを新しいレベルに引き上げることに成功しています。





メカニカルコンポーネント、電動変速コンポーネントや、一体型ハンドルバー、ステムハンドル別体コックピットシステム問わず最適かつスムーズなハンドル操作を行うべく、3mm後方にコラムをオフセットさせています。






シンプルなデザインで登場した新しいコックピット

ADDICT RC専用に開発された「Syncros COMBO CRESTON iC SL」ハンドルバーによって、人間工学に基づいたポジションとインターナルケーブルルーティングを兼ね備え、まさに究極の機能美を手に入れました。






Syncrosコンボバーにおいて、カーボン技術は非常に重要なパートを占めています。
 
独特なV字のバー形状はカーボンパーツの設計技術を最大限に活かした構造となっています。
 
ハンドルバーの曲面や継ぎ目を非常にスムーズに処理する事が可能となり、応力が集中する角張った部分は全くありません。

カーボン素材でハンドルバーを制作する際に、強度と剛性の観点から、スムーズで流れるようなラインを構成する事が重要となっています。


Syncros独自のV字形状デザインと、ハイモジュラスカーボンレイアップ、そして優れたジオメトリにより、バーのねじれ剛性が以前のFOILで使用されたものに比べて26%向上。

ゴールスプリントなどで非常に有利な効果を生み出せるようになっています。






ブレーキ、シフトの4本のケーブルはメカニカル、エレクトリックに関わらずフレーム内部で配線されることが美しいバイクの条件です。
 
新しいコックピットシステムは、これらの美しい外観を得るために新開発のヘッドセットとステム、スペーサーを使用します。

今までにあったハンドル固定用のボルトですら見えないデザインに仕上がっています。






ハンドル、ステムが一体式のコンボバーではない、セパレートタイプの組み合わせにおいても、専用設計のCRESTON IC 1.5ハンドルバーとRR IC ステムで理想的なインターナルケーブルルーティングのコックピットを再現しています。






完璧なインターナルケーブルルーティングを実現するステム部は、取り回しの良さとスムーズな外観の実現の為、上部がカバー式になっています。

そのカバーもマグネット式でステムに固定する事により、ボルト類も排除でき、非常に美しいスタイリングを手に入れてます。






新しい専用設計のステムは革新的な分割式スペーサを採用しています。
ステムの高さを変更する際も、全てをバラすことなくスムーズに調整できます。






「軽量性と剛性」

フレーム構造を見直し、HMXカーボンを前提に再設計を行う事により、ボトムブラケット周辺の剛性を高めることに成功しました。

高い剛性を持たせたフレームは更なる軽量化にも貢献しています。

そしてフレーム内部構造においても無駄を無くす事で、非常に軽量なフレームセットを実現しました。






ほとんどの部分で中身の詰まっていない、中空構造で製作されるフレームの内部は、軽さと剛性を高次元で両立させる為、これまでに見たことのないくらい高精度で綺麗な状態で作り上げられてます。






新しいADDICT RCのリプレイサブルエンドはフレームに包み込まれるようなサンドイッチ構造となり、中空デザインのスルーアスクルと組み合わされることで軽量化にも大きく貢献しています。






新しい超軽量シートクランプの重量は、わずか12gです。

シートクランプ重量の軽減とシートピラーに優しい確実な固定を実現しています。








「エアロダイナミクス」

エアロロードバイク「FOIL」でお馴染み、特許取得済みの「F-01」エアロフォイルデザインは、空気の流れを最適化し、全体的な抗力を減らすという目的で、アディクトのフレームチューブ(ダウンチューブ、ヘッドチューブ、シートチューブ、シートポスト、シートステー)に採用されています。

SCOTTのエアロフォイル設計は、空気力学を改善するため、各部に適用され、結果的に全てのフレームチューブに適用されます。






シートステーとシートチューブの接合部を低くする事で、シートチューブの後ろ側の車輪との隙間が狭くなります。

ペダリングの際、大腿部で空気が大きくかき乱される個所を整流し、その結果、抗力軽減を実現しています。






インターナルケーブルルーティングは、ケーブルを内蔵しバイクを綺麗に美しく見せる為の物だけではなく、正面からの空気抵抗を減らし気流を改善させる事にも役立っています。






低いシートステーと洗練されたカーボン繊維の積層設計により、新しいADDICT RCはより快適な乗り心地をも手に入れています。







「ジオメトリー」

新しいアディクトのジオメトリーは、プロライダーとスポーツライドユーザーの両方の要件を満たすため、ADDICT RCシリーズやFOIL シリーズに受け継がれてきたレースジオメトリーを引き続き採用しています。


これらはMitchelton-SCOTTのプロライダーと綿密にテストを繰り返し、生み出した実績によるものです。

このパートナーシップのおかげで、私たちはパフォーマンス重視のライダーに提供する最高のバイクを完成することができました。






新しいADDICT RCではSCOTT独自のハイエンドカーボンシリーズである「HMXカーボン」を標準化。
 
トップモデルのULTIMATEモデルでは更に軽さと剛性を極めた「HMX-SL」が採用されています。


 




2020年モデルのNEW ADDICT RCは、今秋お近くのスコットディーラーでご覧いただけます。

カラーラインナップはコチラ

スペック及び価格等の詳細は別途発表まで暫しお待ちください。