Photo BY Mitchelton SCOTT twitter

7/6 Tour de France が開幕しました。
3週間、3450kmのレースは、今年はベルギー、ブリュッセルで開幕し、第3ステージの途中からフランス入りしました。
7/22 に最後の休息日を終え、いよいよ3週目。日曜日のパリ、シャンゼリゼを目指した最終週がスタートしました。

7/24 は第17ステージ。
4級山岳1つ、3級山岳1つを含む200㎞。
ゴール前8.5㎞地点で3級山岳を越えるレイアウトの為、上りで遅れたスプリンター達がゴール勝負までに回復したうえで追いつくのは難しく、逃げ切り勝利が狙えるだろうというのがスタート前の大方の予想でした。
その予想の通り、多くの選手がスタート直後からアタックを仕掛け、33名もの逃げ集団が、10分ものタイム差をつけて早々に逃げ切り勝利を決定的にします。
残り距離が50kmを切ったころ、その集団から、11名が抜け出します。
Mitchelton-SCOTT チームのヨーロッパチャンピオン Matteo Trentin 選手もこの中に入ります。
残り20km、3級山岳 Col de la Sentinelle の上りに入るころ、Trentin 選手は単独で抜け出し、そのまま逃げ切り勝利を決めました。

これまでにTour de France では2013年、2014年にスプリント勝利を上げているTrentin 選手ですが、逃げ切りでの勝利は初めて。前日の第16ステージでは集団スプリントで7位に入賞している世界トップクラスのスプリンターで有りながら、登りもこなせるその能力の高さを見せつけた勝利でした。

この勝利でMitchelton-SCOTT チームとしては、Daryl Impey 選手の第9ステージ、Simon Yates 選手の第12ステージ、第15ステージと合わせて4勝目です。










Photo BY Tour de France HP

7/23 は第16ステージ。
最後の休息日が終わり、いよいよ最後の戦いです。
この日は177kmの平坦ステージ。スタート直後に形成された5名の逃げ集団が酷暑の中、懸命に逃げ続けますが、数少ないスプリントステージをスプリンターチームが譲ることは無く、残り2.5kmで全員吸収し、ゴールスプリント勝負に。
Lotto-Soudal チームのオーストラリア人、Caleb Ewan 選手が制し、今大会2勝目をあげました。
Mitchelton-SCOTT チームのMatteo Trentin 選手は7位に入賞しました。



Photo BY Mitchelton SCOTT twitter

Photo BY Mitchelton SCOTT twitter

Caleb Ewan 選手と言えば、昨年まではMitchelton-SCOTT チームの所属。
Tour de France などのステージレースでYates 兄弟の総合成績重視のチーム編成でエーススプリンターとしての布陣が用意されないことを不満に思い、移籍したと言われています。
チームの方針とは無関係に選手同士は仲が良く、スタート前には談笑する姿も頻繁に目にします。




Tour de France 2019 Stage 16 Results:
1. Caleb Ewan (Lotto-Soudal) 3:57:08
2. Elia Viviani (Deceuninck-Quickstep) ST
3. Dylan Groenewegen (Team Jumbo-Visma) ST
7. Matteo Trentin (Mitchelton-SCOTT) ST

General Classification After Stage 16:
1. Julian Alaphilippe (Deceuninck-QuickStep) 64:57:32
2. Geraint Thomas (Team Ineos) +1:35
3. Steven Kruijswijk (Team Jumbo-Visma) +1:47
23. Adam Yates (Mitchelton-SCOTT) +35:18






Photo BY Tour de France HP

序盤に4級山岳、ゴール手前8.5kmに3級山岳の有る200kmのステージは、クライマーが活躍する山岳ステージというには勾配が少なく、スプリンターが集団スプリント合戦を繰り広げるには最後の上りからゴールまでが短いレイアウト。
その為、逃げ切りを狙う選手にチャンスが有ると予想されていました。

スタート直後に33名もの大集団が形成され、その中に総合タイムで問題になる選手が含まれなかったこと、気温が40度にも迫る猛烈な暑さであったことから、メイン集団は早々にこの展開を容認しました。

高速で逃げる先頭集団とメイン集団には100㎞の地点で10分以上のタイム差が付き、このままでは大量のタイムアウト選手が出てしまうという判断から、レース中にタイムアウトの基準を優勝選手のタイムではなく、メイン集団の先頭とすることを発表。その結果、メイン集団は無理に追いかける必要が無くなり、翌日からの厳しい山岳決戦に向けて、休息を取ることを優先します。

逃げ切り集団では、多すぎる人数を絞るため、集団形成後からアタックが頻発します。
Mitchelton-SCOTT チームからはこの集団に2名入ることが出来たため、Chris Juul-Jensen 選手はアシストに徹することになり、アタックのたびにチェックを繰り返し、Matteo Trentin 選手を温存します。

残り距離が50kmを切ったころ、その集団から、精鋭11名が抜け出します。
消耗した Juul-Jensen 選手はここに加わることはできませんでしたが、Trentin 選手は体力を残した状態でこの中に入ります。
残り20km、3級山岳 Col de la Sentinelle の上りに入るころ、Trentin 選手は単独で抜け出すことに成功し、山頂を制覇。この日の敢闘賞獲得を決めました。
Simon Yates 選手が優勝した第12ステージでもTrentin 選手は敢闘賞を獲得しており、今大会2回目です。

下りでDeceuninck - Quick Step チームのKasper Asgreen 選手が追いかけてきますが、下りも得意なTrentin 選手はDiscブレーキのNEW ADDICT RC を華麗に操り、追いつかれるどころか差を広げ、そのまま逃げ切り勝利を決めました。


Photo BY Mitchelton SCOTT twitter

Photo BY Mitchelton SCOTT twitter

Photo BY Mitchelton SCOTT twitter

Photo BY Mitchelton SCOTT twitter

Photo BY Mitchelton SCOTT twitter

Photo BY Mitchelton SCOTT twitter

Photo BY Mitchelton SCOTT twitter


Tour de France 2019 Stage 17 Results:
1. Matteo Trentin (Mitchelton-SCOTT) 4:21:36
2. Kasper Asgreen (Deceuninck - Quick Step) +0:37
3. Greg Van Avermaet (CCC Team) +0:41
General Classification After Stage 16:

1. Julian Alaphilippe (Deceuninck-QuickStep) 69:39:16
2. Geraint Thomas (Team Ineos) +1:35
3. Steven Kruijswijk (Team Jumbo-Visma) +1:47
28. Adam Yates (Mitchelton-SCOTT) +41:42






7/25 は第18ステージ。大会最難関、アルプスの超級山岳を2つ含む200Km

翌日第19ステージは3級2級3級を越えてからの超級山岳。それを越えて1級山岳登りゴールの 126.5Km

第20ステージも1級山岳、2級山岳を越えてからの超級山岳登りゴールの130Km

最終第21ステージは最後まで走り続けられたスプリンターの見せ場、シャンゼリゼの128Km


スタート前から言われていた通り、最終週に厳しい山岳ステージが続き、1日の体調不良で全てが終わってしまうようなコース設定です。
Mitchelton-SCOTT チームの エース、Adam Yates 選手は28位。40分以上遅れており、総合成績を大きく上げることは難しいかもしれませんが、意地の走りを見せてくれることでしょう。
Mitchelton-SCOTT チームの活躍にご期待ください。



Photo BY Tour de France HP

Photo BY Tour de France HP

Photo BY Tour de France HP

Photo BY Tour de France HP